ライザップの料理教室の特徴は?

ライザクックとは、笑顔溢れる食卓、心と身体を健康にして笑顔を作るを全てのお客さんに実現して頂くため、劇的に料理を上達するしてもらうためにすることを可能にした料理教室になります。

自分の子供を手料理で育てたい、毎日家族に美味しい料理を作って食べさせてあげたい、コンビニの食事だけではなく健康と美容に良い食事をしたい、おもてなし料理を極むてホームパーティをしたい、料理で好きな人を振り向かせたいなど料理に関する希望は応えてくれる料理教室になります。

ライザップのこだわりについて

プロの料理人による個別指導、東京吉兆、帝国ホテル、椿山東京などで腕を磨いてきたプロの料理人が講師をするようにしている、対面レッスン、オンラインレッスン店舗だけではなく、自宅での料理や献立などもフォローして、管理栄養士のサポートがついています。

美味しいだけではなく、美容や健康にもコミットしてくれます。

ライザップの講師について

他の料理教室では料理のプロとしての経験がない講師がほとんどですが、ライザップクックは、東京吉兆、椿山東京など有名のホテルや旅館、料亭で長年勤めてきたプロの料理人達が講師をしています。

家庭な料理だけではなく、おもてなしやフルコース料理も教えてくれます。

食材の選び方、調理器具、下準備、調理、味付け、食べ合わせ、保存まで全ての工程を指導してくれます。

料理のコツをプロの料理人が培った五感で学べたり、調理は専任で最初から最後までずっと変わらないのです。

一流の料理人によるマンツーマンの指導

ライザップ自体がパーソナルトレーナーによる個別指導を特色としていて、そのプライドベートジムならではの行き届いたサポートが魅力となっていますが、ライザップクックも1対1の指導が基本となっています。

指導に当たるのはミツ星レストランや有名旅館の元料理長をはじめ飲食業界で経験を積んできた一流の料理人たちで、そんな凄腕の方々のレッスンを1回80分、マンツーマンでみっちり受けることができます。

マンツーマンのレッスンについて

調理の一部ではなく全工程を1人で体験にもかかわってくるのですが、生徒は自分1人しかいないので、当然全ての作業を自分の手で行うことになります。

一般的な料理教室だと最初に先生が調理するデモを見て後は4人から5人くらいのグループに分かれて枠割分担ごとに各自が調理に取り組んでいくといった感じになります。

調理中に先生が各グループの所に先生が周り、つどアドバイスを送るというのがよくあるケースになっているのですが、ライザップクックの場合は、先生が常につきっきりで、その全ての工程を自分1人で手がけます。

なので当然毎回のレッスンが濃厚なレッスンになるのです。

1対多数と、マンツーマンって学ぶ視点から見ると大きな違いがでてくるのですが、何が一番大きく変わるかといいますと、分からないことが全てその場で解決できるということになります。

グループで調理する場合には自分が全ての工程を体験できず、自分が手掛けたい所以外は具体的には何をどうするのかしっかりとできていないことが多いのです。

もちろん先生の最初のデモを見ていますので、だいたいの作業工程は理解しているかとは思いますが、いざそれを自宅で再現しようと思うと細かい部分でここは、どうするのかと分からないことや、忘れたりする場合などがあります。

料理に限った話はではないのですが、それくらい自分で体験している、していないの違いは大きく特に技術の習得ということに関しては、その体験の有無はさらに大きな差をうみます。

その点、ライザップクックでは先生と1対1で調理に取り組むので全てを自分で体験できるのはもちろん、分からないことや疑問点があったらその場で、そのつど聞くことができるのです。

他の人に気兼ねする必要がなく、なんでも気軽に質問をすることができるのが、ライザップの魅力の1つとなっています。

料理技術を見える化

プライベイトジム、ゴルフ、ダイエットなどは1ヶ月に何キロ痩せるなどの具体的な数字の目標が見えてきますが、料理はそうはありません。

ないからダメとかではありませんし、やっている本人は料理の腕が上がっていると体感的に分かると思うのですが、そこは結果にコミットするのがこだわるライザップクックになります。

料理技術を見える化し、成長の度合いを客観的に見られるようになりました。
それぞれの料理人が見える化を実現するジャンルとしては、知識の食材の切り方の種類、選び方など、下処理技術、包丁の使い方、食材の下処理など、調理技術、調味料の使い方、火加減の調理など、演出は、盛り付け、食器選びなどになります。

トレーナーと生徒で共有できるように料理の技術を言語化、細分化して、そういうところでできているところ、できていないところが明確になるわけです。

また、ライザップクックでは短期間の間で料理の腕を確実にあげるために自宅での復習も重視するように指導をしています。

本家ライザップで行われている写真つきの報告とトレーナーからのアドバイスを採用して、レッスンで習った料理を自宅でもしっかりと再現できるようになっているような仕組みとなっています。

また、通っている間は毎日ラインやメールなどといった手段でトレーナーに質問をすることもできるようになっています。

確実に料理が上達する仕組みがライザップにはあります。

一般的な料理教室では3年以上、週1回のレッスンを時々休みながら、ダラダラ続けたけど結局料理が上達したのかが分からないという方は沢山いるのです。

他の習い事にしても共通していえることなのですが、本当に上達したいのなら週に1回料理教室に通うだけでは、不十分なのです。

教室で習った技術や知識を自宅で復習してしっかりと定着させることで、本物の実力が身につくのです。

ライザップクックでは、本家ライザップで培った必ず結果を出すためのノウハウをベースにして、短期間では確実に料理を上達させるための仕組みがあります。

そういった点では他の料理教室との決定的な違いがあるのです。

ライザップクックの料金について

入会金が50000円はかかるので、マンツーマンで受講する場合、最低回数の16回でも34万8千円かかることになります。

一般的な料理教室と比べてみても料金はかなり高い料金になります。

回数が多くなるほどにつれてお得にはなるものの、ペアレッスンの24回コースでも一万3000円となり、1回あたりのレッスン料が通常の料理教室の月謝と同じようなレベルになります。

総費用を単純にレッスン回数で割って1回あたりの料金を算出してみると、実際のところ比較基準が間違っています。

なぜかといいますと、ライザップクックはレッスンに通わない日でも毎日ラインやメールなどで所属トレーナーから直接指導が受けることができるからになります。

また、ライザップクックは結果にコミットするというライザップグループ共通のコンセプトで、確実に料理が上達することが保証されているだけではなく、自分だけのオリジナルカリュキュラムを組んで一流の料理人から直接指導が受けられるという他の料理教室にはない独自のシステム料理教室でもあります。

ライザップクックでは、分割払いの場合月額は9千円代からの支払いも可能になります。

関連記事

関連記事

関連記事がありません。