失敗して後悔する前にチェックしておきたい料理教室選びのポイント

料理教室と一口に言ってもレッスン人数や講習方法に通学までの時間等各料理教室で違ってくる為チェックもせずに選んでしまって後々後悔してしまう人も後を絶ちません。
料理教室選びで失敗しない為にもここだけはチェックしておいた方がいいポイントを幾つか紹介していきましょう。

マンツーマンレッスンのメリット&デメリットは?

まずは先生と自分とで一対一で授業を行うマンツーマンレッスンのメリットについて説明しましょう。

集中的に教えてもらう事が出来る

教える相手が自分しかいないので最初から最後まで付きっきりで授業を受ける事が出来ます。

自分が学びたい料理だけ学ぶ事が出来る

マンツーマンなので自分が重点的に学びたい料理の作り方を教えてくれるので融通が利きやすいです。

料理も一通り作る事が出来る

一人しかいないので道具の準備から調理、最後の後片付けも自分でやる必要がありますが触れる機会が必然的に多くなるので料理を学ぶのには最適です。

自分一人しかいないので集中的に授業を行え知識的にも技術的にも学びやすいのが特徴です。
しかしマンツーマンレッスンにもデメリットが存在します。

講師と人間関係

大体の人は仲良くなれますがやはり講師も一人の人間、自分とはいまいち相性が悪い部分が出てきて通うのが憂鬱になってしまう事もあり他に相談する相手もいないので通うのが苦痛になってしまう人も出て来ます。

受講料金が高い

グループレッスンに比べると少し高い傾向にあり出費面での負担が増えるのが難点です。

皆で食事をする機会が無いので改善点等の第三者からの意見が見つけにくい

自分一人しかいないので他の人が実際に食べてみての意見が出ないので何処を直していけばいいのかが分かりづらく手探りで直すしかない状態になってしまう事が多いです。

グループレッスンのメリット&デメリットは?

一対一のマンツーマンとは正反対にこちらは複数人がグループを作って受講するグループレッスン
こちらのメリットも説明していきましょう。

料金が安い

マンツーマンレッスンに比べると比較的料金は安めに設定している事が多い為予算が限られている人でも受講しやすいです。

友人達と参加しやすい

友人や知人等の知り合いも参加しやすいので自分一人じゃ不安な人でも安心です。

段取りがスムーズ

マンツーマンに比べてマニュアルが用意されているのでスムーズに進める事が出来るのでグダグダで終わる事は無いです。

料金も安く自分以外の知り合いも参加しやすくて雰囲気的に息苦しくないのがメリットと言えます。
しかしグループレッスンでもデメリットが存在します。

知らない人と組まされる事もある

友人と参加しているからと言って同じグループになれるとは限らず別々になってしまい知らない人同士で組まされる事もあり知らないだけあって気が許せなくて料理に集中出来なくなる事があります。

人数が増える分触れる機会が減る

複数人で行うので役割分担で料理を作るのでマンツーマンに比べると食材に触れる機会は減り場合によっては一回も触れないまま終わる事もあります。

レシピが決まっている

作るレシピが決まっているので自分が作りたくない料理も作らないといけないので知識は得れても金銭面で言えば無駄な出費になってしまう事もあります。

短期集中通学が向いているのはどんな人?

料理教室の各レッスン方法のメリットデメリットの次は受講期間の長さの向き不向きです。
基本的に月2回通うのが殆どですが中には短期間集中型のレッスンもあります。
こちらの短期間集中型はこの様な人が向いています。

ダラダラ長引かせずに手短に終わらせたい人

長い時間を掛けて学んでいくよりも手短ではあるが時間を短く済ませ長引かせたくないと考えている人に向いています。

特定の日までにマスターしないといけない事情がある人

数か月後に一人暮らしを始めたり新婚生活を始めたり料理を披露しないと「この日までに覚えておかないといけない」人達が短期間でマスターする為に短期集中型を選ぶ事もあります。

空いている時間が限られている人

家事や育児に仕事と月2回のレッスン日は予定が埋まっていて通えないので代わりに空いている時間や曜日を利用したい人にも選ばれています。

長期通学が向いているのはどんな人?

短期集中とは反対に月2回のレッスンで料理の知識や技術を学ぶ長期通学に向いている人達の特徴も説明していきましょう。

無理なく続けたい人

月2回程度と限られた日に通えばいいので毎週行く必要もないので短期集中に比べて負担が少なく無理なくゆっくりと覚えていきたい人に向いています。

じっくりと学んで覚えていきたい人

短期集中だとスピードは早いですが代わりに1回の内容で覚える事が多く一つの事をじっくり学んで理解するのにはあまり向いていないです。なので一つの事をじっくりと学んでちゃんと理解してから次へ進みたい人には長期通学の方が向いています。

覚えたい料理のレシピがそんなに多くなくていい人

料理のレシピを覚えたとしても披露する機会がそんなに無いのであれば片手で数える程度増えればいいやと考えている人も結構見かけます。
下手にレパートリーを増やし過ぎるよりは数は少ないけど確実に作れる料理のレシピを覚えた方が役立つからです。
そう言った人達も1ヵ月の内に1~2個程度のレシピを学ぶ長期通学の方が向いています。

関連記事

関連記事

NO IMAGE

ここが境目!料理が上達する人しない人の見分け方